こんにちは、リサです。

40歳を過ぎると、若い頃に似合っていた指輪が似合わなくなりますよね。

それは、指が歳をとるから。

指の新陳代謝の機能がおとろえると、いくつかの理由が重なって、指がオバサン化してきます。

そんな指を放っておくと、指輪が似合わないばかりか、お気に入りの指輪がハマらなかったり、無理やりハメた指輪が取れなくなってしまう可能性も。

この記事では、指輪が似合う指をマッサージで手に入れたいアナタに、年齢がすすむと指が太く見える理由から、指輪が似合う指はマッサージで作ろうまでをご紹介します。

ボンレスハムのような指とは、今日限りおさらばしましょう。

年齢がすすむと指が太く見える理由

歳を重ねるたびに、指が太く見える理由はおもに2つ。さっそく、その理由をみていきましょう。

指が”むくむ”から

からだの末端にある指は、もともと新陳代謝が悪く、水分がたまりやすい部位。

加齢・運動不足・ホルモンバランスの乱れなどで、指は更にむくみやすくなります。

アレ?指太った??と思っても、大半は、指が太ったからではなく、むくみのせいで指が太く見えている場合がほとんど

そもそも、指は脂肪が少ない部位なので、脂肪でパンパンになることはありえません。

40歳を過ぎて、指が太ったかも?と感じたら、むくみを疑いましょう。

関節が太くなるから

年齢がすすむと、指の関節軟骨が徐々にすり減ってきます。

それは、関節軟骨のモトとなるコラーゲンの量が減ってくるから。

関節軟骨が少なくなると、その働きを補うために、骨そのものが変形し太くなります

指関節の見た目がゴツゴツしてきたら、コラーゲン不足を自覚しましょう。

年齢がすすむと指が太く見える根本的な原因

指が太く見える理由には、ある根本的な原因があります。

それは冷え

指が冷えているということは、皮膚の健康維持に必要な酸素や栄養素をはこぶ血液が、指先までちゃんと届いていないということ。

血行不良となった指は、新陳代謝の機能が低下し、たまった水分を流したり、コラーゲンを作りだしたりする力が弱まります

その結果、指がむくんだり、指関節が変形したりしてしまうんですね。

指輪が似合う指はマッサージで作ろう

ほっそりした指になりたいなら、指の冷えを改善することが一番の近道。

手を効率よく温めるマッサージで、指先の血行不良を改善していきましょう。

まとめ

この記事では、指輪が似合う指をマッサージで手に入れたいアナタに、

  • 年齢がすすむと指が太く見える理由
  • 年齢がすすむと指が太く見える根本的な原因
  • 指輪が似合う指はマッサージで作ろう

の情報をお届けしました。

加齢による指のトラブルのほとんどは、冷えによるもの。

マッサージで効率よく血流アップして、いつまでも指輪が似合う指先をキープしましょう。