手の甲の毛穴が目立って嫌!生まれつきだからあきらめなきゃいけないの?

はじめまして、美容ライターのリサです。

ちょっと目立つだけでも、男性のドン引き対象になってしまう女性の手の甲の毛穴。一刻も早く目立たなくさせたいものですよね。

手の甲の毛穴には、生まれつき目立つものと、加齢によって目立つものがあります。

この記事では、生まれつき目立つ毛穴にお悩みのアナタに、手の甲の毛穴が生まれつき目立つ理由から、生まれつき目立つ毛穴の消し方までをお届けします。

生まれつきだからとあきらめないで、毛穴をなかったことにしてしまいましょう。

手の甲の毛穴が生まれつき目立つ理由

手の甲の毛穴が生まれつき目立つ理由は主に2つ。さっそく、それぞれの理由をみていきましょう。

毛穴が大きい

出典:https://www.shiseidogroup.jp/rd/ifscc/13.html

この画像は、加齢によって皮膚がたるんだ人の毛穴。毛穴がすり鉢状に大きく開いているため毛穴が目立ちます。

生まれつき毛穴が目立つ人は、年齢にかかわらず、毛穴がすり鉢状に開いています

これは、体質によるもので、毛の太さに関係なく目立つのが特徴です。

皮膚に弾力がありすぎる

生まれつき目立つ毛穴は、意外にも皮膚に弾力がありすぎることが原因

例えば、クッションの真ん中を人差し指で押すと凹みますよね。

この場合、クッションは皮膚で、人差し指はうぶ毛。人差し指で深く押せば押すほど、クッションの凹みに影ができるはず。

この影が、毛穴を目立たせているのです。

その証拠に、まだピチピチお肌の小学生でも、手の甲の毛穴が目立つ子は多いんですよ。

毛穴のことは、コチラの記事でもっと詳しく説明しています。

生まれつき目立つ毛穴の消し方

生まれつき目立つ毛穴を消す方法。それは、毛穴から生えているうぶ毛を無くすこと。

髪の毛を失った頭皮に毛穴が目立たないように、生まれつき目立つ大きな毛穴でも、毛を失えば自然と凹凸が消えて目立ちにくくなります

ただし、うぶ毛の処理にはいくつか注意点があります。

うぶ毛の処理法を間違えると、別の原因で毛穴を目立たせてしまうため、つぎの注意点は必ず守りましょう。

【注意点1】抜かない

毛抜きなどでうぶ毛を抜くという行為は、毛穴を傷つけ、生まれつき大きめの毛穴をさらに広げてしまうことに。

これ以上、毛穴を大きくしないためにも、抜毛は絶対にさけましょう。

【注意点2】剃らない

カミソリでうぶ毛を剃ると、剃った部分の皮膚が刺激を受けて、毛穴周辺にメラニンがたまりやすくなります。

毛穴にシミができて黒ずむと、毛穴がさらに目立って取り返しがつかなくなることも。

生まれつき目立つ毛穴をなくしたいなら、剃毛も絶対に止めましょう。

間違ったムダ処理は失敗のもと!コチラの記事で詳しく説明しています。

毛穴を守ろう!うぶ毛を無くすもっとも安全な方法とは?

毛穴にやさしく、うぶ毛を確実に細くして目立たなくする方法。それは、抑毛(よくもう)です。

抑毛とは、専用の抑毛剤を使ったうぶ毛処理の方法で、つぎのメリットがあります。

  • 毛穴への負担がほぼゼロ
  • 美容効果が非常に高い

毛穴を余計に目立たせるようなうぶ毛ケアでは意味がありません

生まれつき目立つ毛穴をなくしたいなら、毛穴に一番やさしく、確実にうぶ毛処理ができる方法を選びましょう。

リピーター続出の優秀抑毛剤を知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。

まとめ

この記事では、生まれつき目立つ毛穴にお悩みのアナタに、

  • 手の甲の毛穴が生まれつき目立つ原因
  • 生まれつき目立つ毛穴の消し方

をお届けしました。

生まれつき目立つ毛穴も、正しくケアすれば怖くありません。正しい毛穴ケアで、生まれつき目立つ毛穴を目立たなくしていきましょう。